春のワンダースクール 下見京都編

先日の説明会を前に各地の下見に行ってきました。

今年は、水族館と恐竜のコースを除き新コースばかりなので、それらのコースはスタッフも知らないところがありますので・・・・

京都トレインキャンプを少し妄想シュミレーション風にご案内します。

実は、このコース、パンフレット作成時では未確定だったことが随時確定されて、このブログでもお知らせしましたが、下見でも新たな発見があり、これを書いている時点でも未確定が・・・・・・

そんなところからお知らせします。

残席案内のブログでもお知らせしましたが、このコースは、全日程電車移動となります。この列車での旅は、先日全く同じ工程ではありませんが、Bosspoh自ら京都への研修時に行ってきました。

では、行程に沿ってご案内します。

各地から、金山に集合し、ここから電車に乗り換えます。

想定としては、金山⇒名古屋駅⇒一宮⇒大垣⇒米原と東海道線を進み、ここから北陸本線に入ります。

ここまでは、金山から乗り換えなしの快速電車が1時間に2本程度でております。

私はこれで京都に行ったんですが、今回は、あえて名古屋駅で特急しらさぎに乗り換えることも検討中です。

しらさぎは、米原から北陸本線に入るときに、列車が米原発のしらさぎが連結され、また進行方向がスイッチバックのように反対に変わります。

あ、少し列車用語が出てきて、電車に興味にない方にはわかりにくいかもしれませんが、マニアでないBosspohがここで使う用語がわからない人は、このコースにはきっと参加しませんのでこのまま進めます。(笑)

快速できた場合は、米原でふつう快速の近江塩津ゆきに乗り換えます。

しらさぎだとこのまま、少なくとも長浜まではいきますが、一本遅いしらさぎだと、敦賀までノンストップで行ってしまいます。

琵琶湖周辺の地図が頭に浮かべれますか??? ふふ・・・

敦賀は、福井県に入ってしまい、湖西線との分岐である近江塩津の二駅程度先です。

目的地は、湖西線の近江高島・・・米原・長浜のほぼ琵琶湖の対岸

まぁ、折り返して大阪方面に向かえばいいんですが、敦賀から大阪方面に向かう電車は、特急サンダーバードか、米原経由の快速しかないんです。

湖西方面に向かう場合は、快速で近江塩津にもどり、そこから湖西線に乗り換えるのですが、場合によったら、途中の近江今津で乗り換えの可能性もあります。

サンダーバードだと、敦賀を出るとなんと一気に京都まで・・・・・

無難なのは、米原から普通で近江塩津へいき湖西線に乗り換え近江高島なんですが、そうすると、しらさぎがホームで連結するところや、逆に進むところも見れるかもしれませんね!

乗ったままの体験なら何とか長浜でとまるしらさぎを利用するかです。

少しマニアックな選択ですね。

東海道線にのっててのハイライトは、ここは新幹線と何回か線路が近づいたり、クロスしたりするので、新幹線が目に入ると少し感動します。

さて、近江高島駅に着くとなぜかガリバー旅行記がお出迎えですが、駅前のロータリーを抜けて、琵琶湖畔に向かいます。

直線距離的には1Km程度ですが、安全な道を迂回していきます。

ここも琵琶湖に突き出した形で作られた大溝城の近くなので、細い路地もあります。

もちろん田んぼの中も・・・

ちょっとしたピクニック気分です。

お宿は、琵琶湖青少年の家

少し古めですが、食堂からは琵琶湖も一望できますし、琵琶湖畔でキャンプファイヤーもできます。

 

お部屋は和室と二段ベットの部屋、また船の船内風のお部屋もあります。

まぁ、どのタイプになるかわかりませんけど・・・

翌日は、近江高島から京都駅に向かいます。

湖西線からの風景は、なかなかいいですね!!

京都駅につくと、ここで驚きが・・・

当初の予定では、ここから20分ほどかけて、京都鉄道博物館まで歩く予定でした。京都鉄道博物館のある、京都梅小路公園は広くて、公園まで10分、公園内を10分歩く感じでしたが、なんと3月16日開業の嵯峨野線梅小路駅が京都鉄道博物館のすぐそばにできます。

ということで、京都駅で嵯峨野線に乗り換えて、梅小路駅で下車、徒歩5分かからないくらいで京都鉄道博物館です。

まぁ、中については、京都鉄道博物館のHPにお任せして、ここでもラッキーなお知らせ。

鉄道博物館では、SL乗車と、JR(国鉄)のOBの職員さんの案内の予定でしたが、3月中は工事で見学できないといわれていた大ジオラマも見ることができるようになりました。 このコースに参加する方は強い運をおもちなんですね・・・・

下見の時は転車台のところで、こんな迫力なシーンに出会いました。

いっぱい楽しんだら、お土産を買って、お宿に戻ります。

もちろん、嵯峨野線から湖西線快速で戻ります。

最終日も湖西線から嵯峨野線に京都で乗り換え、嵯峨嵐山駅まで行きます。

嵯峨嵐山駅はトロッコ嵯峨駅と隣り合っており、トロッコ嵯峨駅内には、有料・無料のジオラマがあります。

またSLロマンスカフェという無料休憩場所もあり、多数のSLが展示してあります。

詳しくは、トロッコ嵯峨駅のHPをご覧ください。

その後は、トロッコ列車に乗って、トロッコ亀岡まで行きます。

願わくば桜満開の中の列車旅だといいですね!!

こんなおじさんがいたりしますが・・・

 

なんで酒呑童子らしいんですが・・・・

トロッコ亀岡についたら、田園地帯を少し歩いて、嵯峨野線の馬堀駅へと向かいます。

嵯峨野線で京都駅にもどり、最後は新幹線に乗ろうかなぁ・・・・

名古屋駅到着後は一宮の子はそのまま一宮へ、他の子は金山に戻り、荷物を受け取って、集合場所へと向かいます。

 

ちょっと妄想が入った、トレインキャンプのシュミレーションはいかがでした?

まだまだ受付は可能なので、行きたくなったら是非お申し込みを!!

 

 

 

 

アズワンワンダースクール 春の自然体験教室 予約状況(2/28)

こんにちは、Bosspohです。

しばらくご案内がない期間が空いてしまいましたが、あまり動きがなかったので・・・・

この期間中に全コースの下見を行ったりしました。

このご案内の後に、下見での様子についてお知らせしますので、あわせてご参考にしてください。

それでは、各コースの受け付け状況です。

 

1 京都トレインキャンプ  電車移動に伴い受付調整中

京都トレインキャンプは、10数名のみのお申込みでしたので、ツアーキャンセル検討しましたが、現在参加予定の皆様のご理解により、全日程列車・電車での移動にて実施をすることを決定しました。

最終的に乗る電車の確定は、正直これからですが、帰りは新幹線で、京都から名古屋に帰ってこようと思います。(これも未定ですが)

行きの行程に関しては、特急しらさぎ などの検討していますが、早く着きすぎたり、乗換駅の選定によっては、最寄駅を行きすぎたりと・・・・・

詳細は、この後のブログをご覧ください。

尚、電車で催行と決定した都合上、今後の申し込み受け入れ可能人数は、数名程度ですので、WEBからの申し込みは受付調整中となっております。

お申し込みのタイミングによってはご参加いただけない場合もありますのでご了承ください。

 

2 越前水族館お泊り体験  キャンセル待ち

結局キャンセルは1名のみで、多くの方が2名以上のグループでお待ちなので、繰上りができない状態が続いていおりました。

従って、予約受付状況としては変更はありません。CXL待機です。

この状況をみて、本日(3/1)中に、概算としての班割、バス割を行いますので、バス正席(49席)の残席(4×2台)を有効に利用すべく調整しております。

ただし、班割・集合場所の人数割り・性別によるで、すべて効率よく席が使えるわけでもなく、繰上りは3~5人程度までかそれ以下となります。

また、繰上りは必ずしも受け付け順と行かないところをご理解ください。

入金期限が来週火曜日ですので、また動きがあるとは思いますので、CXL待機の方は、ご連絡をお待ちください。

 

3 福井恐竜王国キャンプ   キャンセル待ち

このコースはCKL待機になった後、満席になるとキャンセルが出るということを繰り返していて、今週になって初めてキャンセル待ちが出ました。

こちらは本日(3/1)行う残席調整で、繰り上がる予定で、キャンセル待ちは0人となると思います。今後水族館のキャンセル待ちの繰上りによっては、このコースに空きが出てくることもありますので、ご興味のある方は、お申込みください。

尚、グループでのお申し込みは、繰上りが難しいと思いますので、お一人でのお参加が可能な方にお勧めします。

 

4 関空わくわくキャンプ   定員削減につき残席7席

このコースもなかなか申し込みが伸びなくて、ツアーキャンセルぎりぎりのところです。

キャンセルがでると申し込みがあるというパターンが続いており、本日も予約が入っております。

各施設との調整が来週には行わなわなければいけませんので、このコースの定員を大幅に削減しました。

従って、現在すぐに受付が可能な人数は7名程度ですので、WEBからの申し込みは、受付調整中とさせていただきました。

完全な人数調整を来週半ばには行いますので、ご参加希望の方は、お急ぎお申し込みください。

 

5 熊野ホエールキャンプ  残席多数 随時予約可能

このコースは、バス2台の催行が決定しておりますので、余裕があり、施設やくじら博物館さんのご理解もあるので、特に調整は行っておりませんので、どんどん参加をお待ちしております。

またこの後の下見ブログでもご報告しますが、イルカタッチなどのアクテビティも行うことが可能になりましたので、ふるってご参加ください。

 

6 富士山洞くつ&牧場キャンプ  確定残席8席 受付調整中

このコースは、徐々に徐々に申し込み数が増えておりますが、バス2台目の催行が決定しておりません。

従って、1台目の残席が少なくなってきましたので、WEBでの受付は、受付調整中とさせていただきました。

すぐに予約を受けることが可能な席数は8席程度ですので、ご参加ご希望の方は大至急お申し込みください。

 

 

以上となります。

まだまだ参加可能なコースがありますので、みなさんのご参加をお待ちしております。