春の自然体験教室参加に関するお願い

コロナウィルスの感染は拡大傾向にも見えますね!!

ただ、実態は顕在化より先に進んでいるので、実はピークを越えつつあるのはなどと、希望的なことを考えていますが・・・・

感染を防ぎつつ、事業を行うについてもいろいろな考え方、やり方もあり、またお子さんについては、結局は管理されていない自由行動より、管理された集団管理のほうが感染防止上において安全なのではという考え方もあります。

だからというわけではないですが、アズワンワンダースクール事務局としては、現時点ではお子様が集まっている限り、自然体験教室を行う予定です。

ただ、昨今の状況を受けて、皆様が、実施の状況をうかがって、書類の提出やご入金をされていない方がお見えになります。

私どもとしては、その方々の参加の意思をどのようにとらえていいものか判断しかねています。

お伺い書の提出は、お願いしていますが、入金期限が来ていないのに催促するのもと思い、なかなか確認のお電話を差し上げれないのが実情です。

確かに、ツアーキャンセルの場合お金が返ってくるのか?とか、振込手数料がかかるから・・・というお気持ちは十分に承知の上ですが、ツアーを実施されるのならば行くよ!!とお考えの方は、ぜひご入金などの手続きを進めていただくか、あるいは、入金がぎりぎりもしくは期限を少し超える旨をご連絡ください。

現時点では、本日入金期限の②伊勢ミッションキャンプは昨日まで分ですが、参加予定者の2/3の方のみの入金もしくはご連絡しかなく、これが参加希望者の実態であるならば、ツアーキャンセルにせざるおえません。

また、実施は割と安泰と考えていた④福井恐竜王国キャンプも現時点でのキャンセル連絡を頂いていない参加予定者の1/3しかご入金がなく、バスが③水族館お泊り体験と共同運航なので、実施は可能ですが、この方のみの参加では団体予約枠から外されるので、料金的な問題だけでなく、今押さえている時間で化石発掘などができず、プログラム上の制約との兼ね合いで、こちらとしてはツアーキャンセルを判断しなくてはいけなくなります。

当然未入金の方に、参加のご意思を入金期限の翌日以降確認をするのですが、これだけ多くの方で、昼間にすぐに連絡が取れるばかりではないことを考えると、本当は実施可能なだけの参加希望者がいたにもかかわらず、その確認ができないため、施設サイドとのトラブル防止のためにツアーキャンセルとなってしまうこともあり得る状況です。

ご旅行代金としての参加代金は、旅行会社であるアズワンツアーデスクがその債務の責任を持ち、当然供託金も積まれております。

アズワンツアーデスクは、NPOアズワンが本事業を行うにあたりその支援のためだけに旅行業を行っており、結果としてNPOアズワンの財務状況などと全くかかわりなく、安全にその参加代金の債務が保全される形となっております。

昨今のいろいろな事件からご不安もお持ちの方もお見えになると思いますが、現時点での状況下でもご参加されるお気持ちのある方は、できるだけその意思表示としてのご入金をお願いいたします。

また、お取りやめをお考えの方は、お早目のご連絡をお願いいたします。