アズワンワンダースクール予約状況(5/21)

本日、まだ到着していない最終発注のパンフレットが発送されたとの連絡があり、明日到着・発送になるので、パンフレット発送もいよいよ終わります。

予約については、これからいよいよ本格化してくると思いますね!!

週末にホームページからの申し込みもあったため、混乱を避けるために残席の少ない コース2 越前ナイトプールをひとまずCXL待機状態にしましたが、何とか週末に混乱はなく、休み明けの本日集計処理が終わった段階では、まだ残席があります。

ホームページからの申し込みで現在伸びているのはやはり コース3のおっぱらきらきらキャンプです。

それでは、残席状況です。

2 越前ナイトプールキャンプ・・・残席は数席です。日中は電話でのお申し込みの方が優先です。 営業終了後はホームページでの申し込みについては、申し込み順にご連絡をさせていただくCXL待機扱いとさせていただきます。

3 おっぱらきらきらキャンプ・・・やはり伸びてきました。残席は1/3以下となりました。人数の小さいコースですので、一気に埋まる可能性もあります。本日も営業開始時に 4名様以上の申し込みがあり、これが複数あると、すぐに満席です。 本日はホームページでの通常受付ですが、明日の営業終了時以降はCXL待機になる可能性があります。

他のコースは、まだまだ始まったばかりですし、もともと募集も多いコースなので残席も多いですが、次のコースは要注意です。

1 清流川遊びキャンプは、おっぱらきらきらキャンプが込み合ってくると内容が近いために一気に埋まる可能性があります。このコースも定員の少ないコースですので、ご検討中の方はお気をつけてください。

Bosspoh的な話ですが、天竜川の支流の和知野川で遊ぶ、清流川遊びキャンプは、3のおっぱらきらきらキャンプと、郡上3キャンプを足して、一番キャンプらしい部分を抜き出した感じのものだと思います。

おっぱらにはない、本格的な野外炊飯があります。また、自然の川で遊ぶのですが、おっぱらの馬瀬川の上流というような、細い川筋ではなく、川幅自体は、郡上のアドベンチャーの長良川ほどはありませんが、十分に広い川です。しかし、上流にあるダムで水量がしっかり管理されているため、一時的な雨で増水するとか、上流の雨で、急な増水するなんてこともなく、普段は、水量・水深は児童が遊ぶにぴったりで、それなりの穏やかな流れもあり、水筋がいくつかに分かれていたりするので、変化にとんだ川遊びができます。また、増水は突然ではなく、事前にキャンプ場に備えられた警報機器から知らされてからとなりますので、ちょっとした雨天であったりしても、十分に水遊びもできます。

また、おっぱらのイワナつかみ、郡上ビギナーのマスつかみ同様ここでも、魚つかみがあります。使用魚は、マスであったりアマゴであったりですが、ここの魚つかみは、上記の川の水筋の一部の前後を網で仕切っただけの状態でやりますから、魚が隠れる場所がいっぱい!! 本当の魚とりのような感じです。 事実昨年は、大きな岩の下に15匹くらい隠れてしまい、水深は子供でも手が届くくらいなのですが、奥まで手を入れるとなると、大学生のカウンセラーも潜って取るような状態で、最後は、カウンセラー総出で石を動かし岩下のトンネルを双方からつついて、必要数+予備の放流数から何とか必要数以上の魚を確保できました。もう少しで、魚が食べれないところでした。

少し、1コースの宣伝が強かったですね!!

もう一コース、注意が必要なコースがあります。

5 ひるがのウッドアドベンチャーキャンプです。

このコースは、1泊2日のコースで、参加者も4年生以上ということがあるので、集まりにくいかと思いきや、ときどきホームページなどからグループで予約があります。

ワンダースクールでは唯一の高原のホテル利用の、宿泊も含めたリゾート感のあるコースです。

これも45人定員での募集ですので一気に埋まってしまうことがありますから要注意です。

 

他のコースも少しずつ予約をいただいておりますが、まだまだ始まったばかりなのと、定員が多いコースであったりなどで、残席は多数です。

いろいろなバラエティーに富んだコースがありますので、是非ご参加をご検討ください。