春の自然体験教室の実施について その2

コロナウィルスに関する対応が、急激に進んでいます。

と同時にその揺さぶりの幅も大きくなっています。

そこで、2月末時点でのアズワンワンダースクール事務局としての公式見解をお知らせします。

 

昨日(2/27)の夕刻の内閣総理大臣の3/2以降の全国一斉の休校要請が大きく波紋を広げている現状を踏まえ、今後の事態を注意深く注視したうえで、実施の可否について3月6日以降に実施の可否について最終判断を下したいと考えております。

それまでは、すくなくとも特定非営利活動法人アズワンとしての独自企画として実施することと考えています。

 

大きないイベントやスポーツ大会の延期、遊園地・施設の閉鎖は、おおむね3月15日までを目処として発表されており、その状況下では、それ以降に実施する私共のワンダースクールは実施することに問題はないのではないか? と考えるところもあります。

他方、3/2以降の休校は、そのまま学年末休業へ連続し、児童学生の自宅待機・自宅自習期間は、4月初旬の入学式前までとの見解も出ております。

私共が学校配布等を行う上で、もっとも依存度が高い名古屋市においては、当初卒業式なども含めて全面中止との市長記者会見があった翌日には、最新の注意を払って、3月19日の卒業式及び入学試験は行うとの名古屋市教育委員会よりの発表もありました。

また、県・各市・各町によって対応が異なる事象も出ております。

現在、各教育委員会が、今後の予定についてどのようにするのか最終調整をされていると伺っております。

その調整がある程度整うの待って、各教育委員会及び各市校長会における判断・ご指導を仰いで、決定していきます。

 

そのうえで、少なくとも各コースの2週間前までには実施の可否についてご連絡します。

お振込みいただいた参加代金についても、その時点まではキャンセル料はいただかない方向で調整しております。

また、ご入金をされていないお客様に関しても、従来の入金期限にとらわれず、それまではご請求をしない方向です。

ただし、お伺い書に関しましては、参加のご意思が有無や、参加の可否の判断ができず、コロナウイルス等の社会環境が実施が可能な状況であったとしても、参加見込み者が確定できず、実施の可否を判断できない場合が生じる可能性がありますので、社会情勢が許すならば参加をとお考えの場合は、速やかにご提出ください。また、社会情勢は教育委員会や私共の判断にかかわらず、参加が不安でできれば取りやめたいとお考えの方は、速やかにキャンセルのご連絡をいただけるようにお願いいたします。

 

以上よろしくお願いいたします。

春の自然体験教室 実施に関する見解

説明会も無事終了しました。

説明会にお見えにならなかった方も多いと思いますので、新型コロナウィルスに関する見解をここにお知らせします。

 

本日(2/25) 政府のコロナウィルス対策の正式見解も公表されました。それも踏まえて、現時点での方針です。

 

アズワンワンダースクール事務局としては、現時点でのツアーの中止を検討はしていません。

もちろんその可能性は視野に入れておりますが、現状のまま進むのであれば、ツアーは実行することとしております。

確かに当初想定より感染力が強いと思われることなどが最近報告されており、十分に気を付けなければいけないこととを認識しております。

また、現時点で重篤化した場合、特効薬といわれる治療薬がないことも十分に懸念はしております。

 

その一方で、特別な持病がない若年層及び子供には、症状があらわれにくい、重篤化した事例があまりないなどを鑑みると、過度の反応はどうなのか?と、考えるところもあります。

 

コロナウィルスの予防策は、インフルエンザに対する対策とほぼ同じであり、また現地でインフルエンザに罹患が判明したお子様に対する対応も、従来、別室に隔離、消毒、医療機関の受診後、炎症抑制剤や解熱剤などの投与による対処療法であり、副作用との兼ね合いで、未成年者には特効薬といわれる薬を投与していただくことも少ない状況でしたから、ほぼ同じになると思います。

 

決してあまく考えてはおりませんが、ここ1~2週間が山場との見解もあり、その後2週間以上開けての実施ですので、この2週間の様子を見据えて、最終決定をしたいと思います。

 

もちろんご家庭でご相談いただき、キャンセルされることを問題視するつもりもありません。

 

その際の、キャンセル料についてです。

 

原則論としては、私どもでツアー中止の決定をしていない段階でのキャンセル料は、お申し込みの際にお送りしている約款通にご請求させて頂きます。

出発日の20日前から20%のキャンセル料をいただきます。

その後は約款通りに比率があがりますので、ご注意ください。

 

さて、ここで原則として・・・と前置きましたのは、もちろん頂かないケースもあります。当然私どもがツアーキャンセルした場合は、全額返金となります。

そのほかにも、ようようなケースが事務局内では想定されています。

ただ、単にコロナウィルスが流行っているからというのであれば、インフルエンザではどうなのか?となります。

通常、インフルエンザに罹患されてキャンセルされる場合でも、自己責任・自己都合として従来キャンセル料を頂いております。

そう言った対応とコロナウィルス等を理由にされた場合との整合性をどのようにするのか、様々な角度から検討しております。

過去、特に冬の自然体験教室では、前日まで熱が出ていたけど、解熱剤等で熱を発散させ、体温が落ち着いたからと言って参加され、初日から体調不良で班から離れて休んでいたお子さんが、医療機関を受診して検査を受けたらインフルエンザと診断されたケースもあり、インフルエンザとわかると参加できないから、検査をあえてしなかった、医療機関への受診をしなかったのでは、思わず疑ってしまうケースもありました。

帰宅直後に発熱、インフルエンザと診断されて、ご連絡をいただいたこともあります。この場合、私どものツアー中に感染した可能性を否定するつもりもありませんが、インフルエンザの潜伏期間を考慮すると、その前にすでに感染していた疑いもあります。

以上は、決して私どものツアー運営に問題がなかったことを言っているのではなく、各ご家庭ごとに、保護者様のお仕事などのご事情もあって予定が変更しにくいこともあり、その上でお金ももったいないからとなって、無理に参加されることの無いようにお願いしたいということです。

 

最初にお子様方は重篤化しにくいと申し上げましたが、ご家庭によっては、重篤化リスクをお持ちのご家族が一緒に住んで見える場合もあり、参加者本人が無症状であったとしても感染すると大きなリスクとなるご家庭もあると思います。

そういった個別の事情を全く無視してよいとは考えておりません。

 

キャンセル料の徴収の原則は、コロナウィルスを単なる理由とするキャンセルを何でもかんでも特別扱いしないですよ! という主旨です。

 

ご事情がある場合は、ご連絡の際に、その旨是非ご相談ください。

 

ちょうどもっとも参加者が多い日程がキャンセル料の対象になるころまでには、最終的な見通しのお話ができると思います。

それまでは、粛々と通常通りの受付業務をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

アズワンワンダースクール事務局

春の自然体験教室 残席情報(2/13)

ことしは、昨年に比べて、少し予約が遅いですね・・・・

これもコロナウィルスのせいでしょうか?

 

今年は、定員の多いコースばかりですので、先週と大きな変化はありませんが、明日からの週末で一部予約調整に入る可能性がありますので、お知らせします。

 

1 富士わくわくキャンプ

予約可 残席多数

 

2 伊勢ミッションキャンプ

予約可

ただし、バス1台目がまもなく満席につき、今週末から受付調整に入る予定

3 越前水族館お泊り体験

予約可

2台目バス分受付中

(コース4のバスと合わせて、3台のバス運行のため、すべての集合場所へのバス配車が可能となっています。)

ただし、ここ数日4名~のお申し込みが重なっております。残席も20数席ですので、一気に埋まってしまう可能性もありますのでお気をつけ下さい。

また、このコースは、集合地別に二つのユニットに別れたり、途中でのバスの乗り換えが発生したりします。従ってバス定員の満席まで受付ができません。

早い段階での受付調整となる場合がありますので、お気をつけ下さい。

 

4 福井恐竜王国キャンプ

満席

キャンセル待ち

本当に満席になりました。

3名ほどまだお友達の仮予約という方も見えますが、3コースとの乗合の関係上、ぎりぎりまで予約は取れませんので、現時点でキャンセル待ちにします。

ただし、集合場所に2か所ぐらいの余裕があれば、繰上りの可能性はありますので、是非キャンセル待ちを!!

 

5 熊野ホエールキャンプ

残席多数

催行人数には到達していますので、安心してお申し込みください。

 

 

みなさまのお申し込みをおまちしております。

 

 

春の自然体験教室 説明会について

暖冬といいつつ、ここ何日かは冬らしい寒さが続きますね!!

コロナウィルスがとても騒がれています。

たしかに、まだ感染の有無を調べるキットがないことや、特効薬がないことなどで不安な要素は多くありますが、毎年いろんな型が飛び出すインフルエンザも同じくらい・・・場合によってはそれ以上大変なんですが、それを忘れさせてしまうように不安をあおる報道やちまたの騒ぎっぷりはどうなんでしょうか?

そんな中で行う春の自然体験教室です。

事務局としても、感染対策はもちろん、感染者が発生したときの対応などをしっかり準備をし、バス会社や宿泊施設などと連絡・協議を進めたいと思います。

 

そんな私たちのことを皆さんはお知りになりたいですよね!!

そんな主旨で開かれるのが、アズワンワンダースクールの説明会です。

よく説明会にいけないんですけど参加できますか? ときかれますが、もちろんご参加いただけます。

説明会でご説明する内容は、事前に送らせていただいた書類の読み合わせみたいな感じです。

じゃぁなんでやるの? と聞かれますが、皆さんが、皆さんのお子さんが参加するキャンプを引率する私たち事務局やボランティアの学生である あずめぇ ってどんな奴ら?と思われているのではないかと思って行っています。

レクリエーションのデモンストレーションなども行いますので、是非お子様とご一緒にご参加ください。

 

春の自然体験教室説明会

場所 愛知県スポーツ会館 大会議室

日時 令和2年2月23日(日祝)

9時45分受付開始・開場

10時15分-11時15分 実施

 

ご参加をお待ちしております。

 

 

春の自然体験教室  残席情報(2/5)

こんにちは!!

今年は、全然冬らしくならないなぁ・・・と思っていたら、急に寒くなりました。

中国からのコロナウィルスも心配ですね!!

残席案内の前に、少し感染予防やコロナウィルスについて!!

 

アズワンワンダースクールでは、常日頃から、手洗い・うがい・消毒は気を付けており、徹底することを心がけております。

また、マスクについても持参を呼びかけて、またお子様用の予備のマスクをいくつか常備しております。

大勢のお子様が一度に参加しますので、これで完全だとは思っていおませんが、流行や感染を極力抑えていると思っています。

また、発熱・倦怠感などの症状の出ているお子様は、別行動として、事務局スタッフが看護し、状況によっては病院受診を行います。

現時点でのコロナウィルスに関する情報で判断する限り、極度に恐れるものではないと考えております。

体力の低下による免疫力の低下が、子供たちにとっての重篤化の最大リスクと考えておりますので、少しプログラム・・・レクリエーションを詰め込みすぎることなく、睡眠をしっかりとって、元気に3日間過ごせるように実施していきたいと考えております。

 

さて、残席情報です。

今年は募集開始・・・パンフレットの小学校への発送が、例年より1週間から10日ほど遅く、募集のスタートが緩やかだったため、現時点では、総数としては、まだまだ余裕がある状況ですが、4コースのみこの週明け、大きめのグループでの申し込みが相次ぎ、一気に席が埋まってしまいました。

以下コース別のご案内です。

1 富士わくわくキャンプ    催行決定

残席多数

 

2 伊勢ミッションキャンプ   催行決定

残席多数

 

3 越前水族館お泊り体験  催行決定

バス2台目に突入

予測として、今週中は特に問題なく予約できると思いますが、来週の休み明けくらいになると、受付調整が始まると思います。

受付調整とは、性別・出発地別に状況を把握して、それにあった方のみが予約可能となります。

説明会の前にはほぼ満席となりキャンセル待ちになると思います。

 

4 福井恐竜王国キャンプ   キャンセル待ち・受付調整

春のコースで唯一バス1台分の定員コースということもあり、本日WEBからの受け付けは、本日分よりキャンセル待ち・受付調整とさせていただきました。昨日中にお申し込みの方は、お友達の分までお席の方は確保しています。

今年は、例年よりもこのコースの申し込みの立ち上がりが早かったのですが、昨日・一昨日と休み明けにだいぶ埋まってきたところへ、昨日男女混成の大型の団体が2組入りましたので、一気に40席を超えました。

残席数は3席ですが、3のコースとバスが混乗となる兼ね合いもあり、受付調整に入らせていただきます。

 

5 熊野ホエールキャンプ   残席多数

水族館のコースと少しバッティングするため、申し込みは少しゆっくり目です。

ただ、イルカ好き・くじら好きにはたまらないコースですので、女の子の団体が一気に申し込む可能性もあるので、お気をつけ下さい。

 

皆さんのお申し込みをお待ちしております。