春のワンダースクールが終わっての雑感とお願い

春のワンダースクールも終わりました。

全コースに同行した身としては・・・・・

今回は、京都トレインキャンプで、主たる集合地の金山でほぼ全員が合流して、特急しらさぎ3号に乗るべく金山から名古屋に向かうわずか4分程度の間にすべての波乱を予感させる車内放送から始まりました。

特急しらさぎ3号の名古屋・米原間の運行中止の放送・・・・・・

さかのぼれば、3月上旬に事務局スタッフで、事務方を主に取り仕切っていてくれた女性スタッフが倒れたことによって、奥さんがいないと何がどこにあるかわからない昭和の旦那さん状態になってしまったところから始まったともいえますが、なんとかそこは乗り切ってキャンプ実施となった最初がこれですから・・・・・・

ただ、この時とても心強い味方も現れました。

参加してくれたお子さんです。

快速で米原向かう途中、岐阜駅あたりからならすいてきて座れるかと思いきや・・・・

「青春18きっぷの時期だから普通や快速は混むよね!!」

とか、

「この電車より次の電車の方がレアなのが来るからみんな喜ぶよ!!」

とか、

「次よりその後の方が降車駅が終点だから安全だよ」

とか、そんなささやきに助けられました。

またそれ以外でも、

「時間あるから、途中駅で降りようか?」

「写真タイムくれる? それないOK!!」

や、

「事故で快速来ないけど、この駅(京都駅)は混雑しすぎだから、とりあえず普通で行けるとこまで行っていい?」

「そこなら通過列車とかの写真撮れる? 自由にさせてくれる?」

「そこで確認して、範囲を決めるからその中でならね!!」

{よっしゃー!!」

などなどです。

 

 

こんなキャンプから始まりましたから、行程を無理に守ることよりも、子供たちの状況をみて、時として臨機応変に考え、子供の全体の意見に耳をかす、目を配るという当たり前のことに気づかされたこの2週間でした。

 

さて、京都トレインキャンプでは、カメラ及び携帯電話の持ち込みをコースの特性上特別に認めました。

ただ、学校へのスマホ・携帯の持ち込みも検討される中、貴重品の管理上の問題からアズワンでは禁止していたこの2品目についてどのようにすべきかを検討しています。財布などのように預かってしまえるものではないので、参加者自身の管理となりますので、紛失時どうするのかなどの問題もある中、カウンセラーが子供の安全に集中できない状況は避けたいと思っています。

是非皆さんのご意見をお聞かせください。

尚、京都トレインキャンプに参加されたお子様でカメラ持参の方におかれましては是非写真データの提供をお願いいたします。

 

ワンダースクール 春の自然体験教室終了

こんにちは!! ボスプーです。

私が名古屋にいない間にすっかりあたたかくなり、桜も満開ですね!!

あずめぇのメンバーも何とか昨日の花見会を開けたらしいですが・・・・

 

さて、春のワンダースクールにご参加いただけた皆様には大変ありがとうございました。

熊野ホエールキャンプにご参加いただいた方には、確定書面の誤記載で再送付したうえで、さらに誤記載があるなど大変なご迷惑とご心配をおかけしました。

コースにつきましては、無事に完了したと考えております。

ただ、至らない点やもしかして見落としや気づいてない点があるのではないかと気をもんであります。

皆様のご意見がありましたら、フォームからでも申込みいただければ、あらためてこちらからお電話を差し上げますので是非ご意見をお聞かせいただければと思います。

また、4月20日の思い出会のおりにでもお聞かせいただけたら幸いです。

 

今回の思い出会では、前回の冬同様の形態で行うことにしております。

写真の販売はインターネットの販売のみとし、ビデオを中心として、現地の様子をお伝えできればと思います。

 

尚、インターネット販売ですが、今回はアズワンのスタッフによる撮影として1枚108円での販売とさせていただいております。

システム使用料やシステム提供会社の縛りがあるため、手販売よりも若干高めですが、ご理解の程をお願いいたします。

 

尚、4月実施の2コースについては、プロのカメラマン撮影の写真販売も行っております。

こちらは、冬同様1枚300円以上となりますが、プロカメラマンによるもので、販売価格等に私どもが関与できないためご理解の程お願いいたします。

 

冬のワンダースクールの写真販売を全面的にプロカメラマンにお願いしたところ、そのクオリティーの高さよりご理解をいただく声も多数いただいた反面、もう少し安く手に入れる方法はとの声もありました。

今回テストケースということで、アズワンスタッフがとった写真との併売をプロカメラマンサイドから取り付けたものの、販売結果によっては、併売の影響の可能性を考慮した配慮を求められている部分もあり、全日程での参加を撮影参加の条件にすることができませんでした。

3月中のコースご参加の方にはご容赦ください。

私どものカウンセラーは写真撮影が素人であるこてゃもちろん、子供の安全確保を最優先にしておりますので、写真撮影のタイミングも限られるため写真点数が少ないとかアングルが悪いなどのご指摘もあるかとは思いますが、是非ご容赦ください・

プロカメラマンと写真販売のシステム会社が同じため、ご案内用紙が似たものとなっておりますが、アズワンにての販売のものは事前に確定書面と一緒に送らせていただいております。(京都トレインと除く)

プロカメラマンのサイトは、コース最終日にお子様にお渡しして、リュックに入れていただいておりますので、是非ご確認ください。

ID等不明の場合は、asone@asone.or.jp まで是非メールでお問い合わせください。

本投稿へのコメント欄からでもかまいません。

よろしくお願いいたします。

 

⑥富士山洞窟&牧場キャンプ 清水パーキングエリア休憩

清水パーキングエリアに到着し、トイレ休憩をしました。

昨日までとうってかわって暖かいですね!

子供達は、バスの中でお弁当を食べてましたが、コーナーが続くところもあったので、まだ食べている子もいますが、途中休憩です。

バスには、14:11分に清水パーキングエリアを出発しました。10分程度の遅れですが、何もなければ到着時間の予定時間は守れそうです。

  

⑥富士山洞窟&牧場キャンプ 青木ヶ原樹海散策

風穴が済んだら青木ヶ原樹海の中に足を踏み入れます。

原生林の中を氷穴に向かいます。

途中ガイドさんの話をいろいろ聞いて、自然について勉強します。

 

森の様子が変わるんですよ!

人が入った森とそうでない森では!

その知識が、樹海で迷った時には大切なんだそうです。