アズワン事務局 のすべての投稿

夏の自然体験教室を実施するにあたって

アズワンワンダースクール事務局では、夏の自然体験教室をはじめとした今後の自然体験教室を実施するにあたり、以下のように考えております。

基本的には、国の指針である「新しい生活様式」及び各施設形態、実施事項ごとのガイドラインを勘案し、3密をさけた運営形態で、参加するお子様はもとより、いえ、それ以上にボランティアスタッフをはじめとする運営スタッフへの感染リスクを低減に努めた上での実施を考えています。

 

  1. 参加者及びスタッフは、参加前の1週間程度の健康状態をチェックし、受付時に確認させていただきます。発熱等があった場合は、参加をお断りする場合もあります。未提出もしくは提出拒否の場合も同様です。
  2. 受付時に検温をし、37.5℃以上の場合は、参加をお断りする場合もあります。
  3. 上記1.2に関しては、体温数値や各チェック項目における参加可否の判断は目安であり、事前にご提出いただく「お伺い書」に記載の平熱などの通常の健康状態を考慮の上、当日の聞き取りも踏まえて、参加の可否につては判断します。
  4. マスクは使い捨てのもので最低日数分、洗って使いまわせるものでも最低2枚はご持参頂きます。ご持参をお忘れになった場合は、こちらでご用意したものを提供が可能な場合もありますが、その場合はその費用をいただくことになります。またその場合の金額(マスク代金)は、それを手配に要した費用、もしくはその代用品を次回のために用意するのに必要と思われる費用も上乗せさせていただきますので、市中にて購入されたり、ご自宅で作られたりする費用より相当高価になる場合もありますのでご了承ください。
  5. 受付時は、受付のスタッフはマスク・フェイスガード着用の上で対応することもありますので、ご容赦ください。同様に、その他のスタッフもバス乗車までは、同様の対応をさせていただくこともありますのでご理解ください。
  6. バスでの移動になるため、通常1時間1回程度の休憩を、交通状況 や施設状況がゆるす範囲で、30分に1回程度とし、そのつどバス内の換気と消毒を実施。
  7. バスの定員は通常の半分から6割程度とします。(同伴者が兄弟等の場合など条件が異なる場合もあるので一概に半分とはならないため。) なお、通常はお子様は正席のみでの使用ですが、ソーシャルディスタンスの取り方などで、補助席にお子様が座ることもありますが、その際は休憩ごとで代わっていただきます。
  8. バスは原則強制換気機能付き車両での運行とします。
  9. 宿泊施設においては、和室などは、通常の半分程度の定員とします。(したがって大部屋の無い施設では、4名のグループでも部屋が分かれることがあります。)
  10. 宿泊施設の部屋のタイプやベットの配置などにもよりますので、定員の何割減とは言い切れませんが、予備ベットや追加の寝具を使うことはせず、各施設のガイドラインにそって、ソーシャルディスタンスをとって宿泊施設を使います。
  11. 活動は、屋外もしくは換気を十分にとった体育館・研修室などの大きな屋内施設を使うことにします。屋内施設においては、部屋定員の半分程度の利用とし、複数の研修室に分散する、グループ・班ごとに別れて時間帯をずらすなどの密を避ける形で活動を行います。
  12. プール・海水浴・川遊びなどでは、更衣室での3密をさけるため、事前に施設などで水着に着替えてから出かける、戻ってから着替えるなどの方法で行うことも考えております。(更衣室の消毒状況や大きさ、同時可能人数にもよる。) したがって、ラッシュガードや水着の上に着ることの可能なTシャツなどのご用意やバスタオルを通常より多めにご用意いただくこともお願いします。
  13. 食事のときは、対面で座ることや密集で座ることを避け、席をオフセットした状態で座る、横並びで座るなど、利用施設の状況に合わせてソーシャルディスタンスの確保に努めます。
  14. 利用施設の消毒実施状況を確認し、班カウンセラー以外に消毒をおもに行うスタッフを随行させます。

以上まだまだ、今後やるべきことは増やしていきますし、感染状況を検討の上、緩和してよいところは緩和していきます。

 

さて、なぜ、この時期にアズワンワンダースクール自然体験教室を実施するのか? という問いに、私どもの見解をお答えします。

 

感染拡大が終息しつつあるというものの、まだまだ感染リスクがある状態での活動再開は、ご批判もあるところだと思います。

ただ、巷でも言われているように、今回のコロナウィルスは、今後ずっと無くならず、身近に存在し続けるものでしょう。

つまり、いつかはコロナウィルスのある状態の中での活動再開とするのか、完全に活動停止するかの選択だと思っています。

であるならば、この活動を始めた意味、この事業の意味を考え、活動を永遠に停止するという選択肢がないならば、いつコロナの感染リスクがある中で、再開するかということです。

我々は、大々的な再開や、今まで通りの再開ができるとは思っていませんが、今回の新型コロナウィルスに限らず、今後も新しく発生するであろう新しい感染症の脅威の中で、自然体験教室、児童育成事業を継続して行っていく方法を模索し続けていくためにも、早期の再開が必要なのではと考えています。

学校の閉鎖や、自宅で家族のみで過ごす生活に関して、集団生活を行わないことによる子供たちの精神的な発育における懸念を指摘する声も出てきております。

学校において、休校による授業の遅れをできるだけ緩やかに取り戻す必要性と、実施のためには経済的・人的な対応の難しさから、学校の行う野外キャンプ・遠足・修学旅行などが今年度は中止となり、本来それらが持つ教育的意義・必要性を体験できない子供たちが生まれつつあります。

社会活動が再開される中、大人の方々・・・つまり子供たちの保護者の方々が、今までの遅れを取り戻すべく忙しく働く中での子供たちの・・・地域によっては意外と長い・・・夏休みに、たとえ数日でも子供さんの居場所を提供することも必要ではないだろうか?

そんな思いをもって、ワンダースクール再開に向けて現在努力をしています。

もちろん、上記のようなある種のきれいごとだけではなく、私ども事務局特有の事由もあります。

経済的なことと、思われるかもしれませんが、それを否定するつもりはありませんが、法人内で最も懸念しているのが、学生ボランティアさんの活動の継続です。

ボランティアカウンセラーの主体は大学生の皆さんです。

確かに大学生活は4年間ありますが、たとえば夏休みに参加できるのは、就職活動・大学からの実技研修やインターンシップ、英語指導の必修化に伴う短期留学の推奨などと重なり、活動登録している学生さん一人ひとりには、実際に私どものキャンプに参加できる機会が意外と少なく、実際に子供たちとかかわることなく、そして上級生から下級生、先輩から後輩へ、技術継承をしていく難しさや、子供たちと接する機会がないままに、この活動を理解していくことの困難さもあり、学生ボランティアの皆さんの技術レベル維持、またモチベーションの維持のためにも、再開は必要であると考えています。

今回の新型コロナウィルスによる感染リスクは、人それぞれ異なると思います。

ワンダースクールに参加するお子様方でも、一緒に同居のご家族の構成や家族の健康状態、ご両親の働き方や不在時の預かり先、そういった様々な要因で一律ではないと思っています。

この地区および自然体験教室実施地域での感染者の発生状況を見る限り、参加したお子さんなどが感染者である確率は低く、また前記の感染対策によって、感染の拡散も相当低減できると考えています。

ただし、0(ゼロ)ではありません。

従って、各参加希望者が感染時のリスクをそれぞれのご家庭の環境などを考慮し、また私どもの活動にご理解をいただける方々・・・・少数かもしれませんが・・・・のご協力の基に、ワンダースクールを少しずつ再開させて行けれればと思っております。

 

皆様、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

尚、私ども特定非営利活動法人 アズワンは 事業型のNPO法人を標榜していました。

従って、あまり寄付金集めなどに執着せず運営をしてまいりました。

ただ、現在の状況で、今までも一部指摘がありましたが、ある種の矛盾を生じております。

というのは参加保護者の方に対する経済的負担です。

キャンプという特性上、どうしても身体障害の方や、危険回避という視点からの重度の知的障害者の方の参加はお断りせざる負えないこともありましたが、基本的にすべてのお子さんを受け入れるように努めてまいりました。

ただ、経済的に負担が大きいとお考えで、参加を見送って見えたご家庭に対する私どもの内部からの支援ができていませんでしたし、なかなかそこまでの余力が生まれてきませんでした。

今回の新型コロナウィルスにおける社会情勢の激変で、格差が広がり、経済的に負担がかかることにお子様を参加させれないご家庭も増えるでしょう・・・・

また、バス定員を減らす・借り上げコテージの利用者数を減らすということなど、感染症対策として実施するための施策は直接参加代金の上昇に影響を及ぼします。

もちろん、スタッフのマスク・フェイスガード・除菌薬等々、消耗部材の準備にもお金がかかります。

つまり、まずは直接的実施コストが上昇します。参加者が激減するでしょうから、少しずつ多くの参加者から広く間接経費を少しずつ徴収するということも難しい。そうなると参加代金を大幅に上げざる負えない。

これは、参加可能な方々を減らしてしまうという、経営的なリスクの他に、経済的に参加可能な方の選別をどこまでも拡大していってしまうという、NPOにとっての矛盾を生じてしまいます。

そこで、私どもとしては、経済的に参加しにくい方々を参加しやすくするように、参加代金の上昇を抑え、経済的に余力のある方、お志のある方からの寄付金にて、備品代・カウンセラー育成費などの間接コストのみならず、バス代金や施設使用料に対する補てんのための寄付金を広くお願いしようかと考えております。

現在、どのような方法で行うのかを検討しています。また通常の運営費・旅行代金などと別に管理するために専用口座の開設などの準備もしなかえればいけませんので、今夏に間に合うかはわかりません。

出もできるだけ早く準備しようと考えています。

今夏のワンダースクールは、不本意ながら大幅な値上げにを伴っての実施となる可能性は高いですが、第2波が予想される秋以降冬の自然体験教室や来春の自然体験教室までには、体制を確保し、従来通りというより、それ以下の参加代金で実施することのできるコースがたとえ一つでも作れるように努力してまいりますので、ご協力の程お願いいたします。

 

 

文責

特定非営利活動法人 アズワン

ワンダースクール事業責任理事

ボスプーこと 家田 信忠

アズワン ワンダースクール 夏の自然体験教室 実施について

こんにちは!!

コロナによる自粛も徐々に緩和され、月が替わる明日からはさらにいろいろ解除されてい行きますね!

アズワン事務局の裏の小学校からも子供たちの声が先週くらいからしてきました。

もっともその隣の公園では、少し前は自粛前より密でしたが・・・・・

 

さて、2020夏の自然体験教室ですが、今月中旬に名古屋の意外と長い夏休みの発表以来、いろいろと調整を進めています。

アズワンの自然体験教室のパンフレット配布エリアは、だいたい名古屋市と、愛知県尾張部&四日市なんですが、前者と後者で、夏休みの時期が大きく分かれ、どちらも8月8日~16日のお盆は休みですが、名古屋市はその前が、その他はその後ろがお休みとなりました。

対象児童数の3:2という比率や夏休み開始までの準備期間、各種依頼・申請をする行政の対応方針と数・・・効率・・・の問題などを踏まえて、どのように進められるのか検討しつつ、プランを練っています。

プランを練っている・・・・・つまり・・・・・・

アズワンワンダースクール 夏の自然体験教室は実施する方向で一気に進めます!!!

基本的にお盆休みは例年 ワンダースクールは夏休み期間で、サッカーチームとのジョイントの合宿のみの実施でしたが、今年はその期間にも、大人気のおっぱらキラキラキャンプを実施できそうです。

さすがにその前の3連休は空きが出ていないので、最終調整中ですが・・・・

7月末と8月前半は、名古屋の子向けにおっぱらキラキラ体験や、海水浴、遊園地【プール】、野外炊飯などを企画中

お盆明けも、遊園地【プール】、野外炊飯などの企画を企画中です。

だいたいですが、多少場所が変わることがありますが、お盆を中心にして、前と後ろで同じような企画を組むことで、すべての地区の方に、同じような企画を提供できればと思っています。

ただ、利用施設よっては、7月以降の営業形態や時間などが未定のところも多く、6月に入って決定とするところも多く、教育委員会への申請の兼ね合いで、どこまで詳細を決めれるかも未知数ですが、あと1週間後くらいまでには、大まかな詳細が発表できるのではと思っています。

 

さて、学校が再開したばかり、夏休みも短縮な時に、自然体験教室をやるのか!というところで、お叱りを受ける、ご批判もあるかと思いますが、アズワン事務局としての見解を次の項で書き込みたいと思います。

そんなことは気にしないよ!! というかたは、そこは読み飛ばしてください。

もちろん、3密の回避新しい生活様式には最大限の努力をします。国はもちろん募集エリア各市町村のガイドラインや実施施設・地区のガイドラインは順守して運営を行っていきたいと思いますので、みなさんご期待ください。

 

ぎりぎりまで運営形態と、実施場所を求めて努力していきます。

事務局休業延期のお知らせ。

こんにちは!!

あずめぇのインスタグラムに保護者の方からのメッセージが来たとか!!

あずめぇのカウンセラー達もそれが励みになって、SNSへの投稿を頑張っているようなので、どんどんコメントしてあげてくださいね!!

さて、アズワンワンダースクー事務局は、現在事務所の方を休業しております。

ただし、以前の休業の案内時にもお知らせしましたが、メール・FAXを社外から管理しておりますし、郵便物や留守番電話の確認のために、一日おき程度には、スタッフが交代で事務所の確認には出ております。

何か緊急の確認事項等がありましたら、ご連絡ください。

休業期間は原則として、5月10日までとさせていただいております。

よろしくお願いいたします。

夏の自然体験教室について

こんにちは、休校中や会社の出社自粛要請中で皆さん退屈ですよね!!

そんな時は、あずめぇのインスタ・フェイスブック・ツイッター・TikTokを見てみてください。

まぁ確かにお子さんたちにSNSをやらせるのは不安な保護者の方もお見えかと思います。でもこの際、保護者の方が管理するPC・スマホ・タブレットでそれらのアカウントをとり、保護者の方が管理する中で正しいSNSの使い方を親子でやってみるのもいいのではないかと思います。

それぞれのSNS上で、あずめぇ とか asme とかいれると、リストの中にそれらしいの出てきますので是非!!

さて、夏の自然体験教室ですが、企画の作成が止まっております。

ただし、宿の方は仮押さえをしていますので、あとは細かいプログラムを詰めるだけです。

春にできなかった水族館は予約しています。

熊野ホエールキャンプは、宿押さえに失敗!! 残念な結果ですが、それでもまだ可能性はあります。

ただし、各地の小中学校の夏休みがどうなるかわからないので、日程をどう組み替えるか、また学校での配布がどの程度できるかが不透明です。

実施の方向が確定でき次第、ホームページ上で真っ先にお知らせしますので、皆様応援よろしくお願いします。

今年な夏・冬は規模を縮小しての運営や、土日の1泊2日ベースになるかもしれませんが、来年の春以降の大ジャンプを見据えて、しっかりしゃがみこんで力をためたいと思っています。

 

 

春の事業の精算完了と事務所休業のお知らせ

こんにちは、Bosspohです。

春の自然体験教室は、皆様のご支援があったにもかかわらず、全コース催行中止となりましたことは、大変申し訳ありませんでした。

このコロナ騒動の中、実施しない方が無難な選択だと何度も誰からもご忠告頂きましたが、それをあえて覚悟と信念をもって、実施する方向へと進んできましたが、結果として無難な選択と同じ結果になったことは残念です。

ただ、これは決して逃げたわけではなく、夏に向けての前向きな撤退になると信じてます。

 

さて、言い訳じみたことはさておきまして、旅行主催担当の方から、皆様からお預かりしたご旅行代金のすべての返金の手続きが完了したとの連絡がありました。

返金先金融機関やこちらの振込元金融機関のシステムの関係もありますが、明日までにはご入金の確認が取っていただけると思います。

先週末(27日)までには、①富士わくわく②伊勢ミッション④恐竜王国⑤熊野ホエールの各コースの返金処理は済んでおります。(返金口座のご連絡確認が遅れた一部は週明け30日に処理済み)

また③越前お泊り体験も昨日(3/31)中にほとんどの方の返金処理が済んでおり、また口座確認が遅れた方も本日(4/1)午前に処理が完了したと聞いております。

①②④⑤の各コースについては3月末までに着金の確認ができているものと思います。また③についても明日(4/2)までにはご確認いただけると思います。

もし、ご入金等のご確認がいただけていないようでしたら、至急ご連絡を頂けたらと思います。

 

尚、今週いっぱい4/5まで、アズワンワンダースクール事務局の事務所を休業させていただきます。

夏企画の作成が遅れておりますが、今週様子を見ないと夏休みが分からないですし、無意味に事務所にきてボーっとしてもと思いまして思い切って休業にします。

ただし、メールはリアルタイムで確認ができるようになっておりますので、上記にかいたご返金に関して、返金漏れや返金の確認が取れないような場合は、メールにてご連絡いただければすぐに対応いたします。(この場合個人の携帯番号での連絡になるかもしれません。)

また、事務所は休業と言ってもスタッフの出入りはしていますので、留守番電話にご連絡いただければ、翌日中までにはご連絡させていただけると思います。

一度しっかりとしゃがまないと思いきったジャンプはできませんから!!

 

メール: info@asone.or.jp

asone@asone.or.jp

いずれでも結構です・

 

なお、③④確定書面でお知らせしてある、緊急携帯電話も所持しておりますので、そちらにお電話いただいても結構です。

 

アズワンワンダースクール 春の自然体験教室 全コース催行中止

アズワンワンダースクール 春の自然体験教室は、実施方法変更分及び代替え提案分も含めて、全コース催行中止とさせていただきました。

今回催行中止とするために利用をお断りした施設の皆様には、夏でのリベンジをお伝えしております。

正直夏の予定もこのコロナ感染症による休校の影響やオリンピックの延期による祭日変更の噂の中、なかなか決められていないのが実情ですが、例年よりご案内が遅れるかもしれませんが、夏のアズワンワンダースクールで、できなかったことを参加希望されていたお子様に届けたいと思っていますので、是非ご参加をよろしくお願いいたします。

春の自然体験教室 3.越前水族館お泊り体験の催行中止のご案内

一日一日状況が悪化しています。特に東京方面で・・・

この地区は、何とか小康状態を保っておりましたが、、、、

東京の状況は全国ネットで放送されますので、小池知事の記者会見の内容は、まるで全国に発信しているようです!

 

そんな影響もあったのでしょうか?

昨日回答を保留されていた方は、1名を除きすべてキャンセルとなりました。

参加に同意されたお客様でも、ご家庭ごとにやはり温度差があるようで、友達参加の場合などは、たぶん夜から午前中にかけて保護者様同士でのお話合いがあったんでしょうね!

電話での対応で事務局サイドでキャンセルの可能性を勘案した方々の他でも、キャンセルが何件か入ってきました。

 

本日午前中までは、バス内での近接をできるだけ避けるためにできれば大型バスを使いたいとの思いつつも、まだ何とかバスタイプの変更で実施できると考えていましたが、お昼休憩の電話連絡が入りそうな時間帯に入って、やはりキャンセル希望の連絡が入りました。

 

ここにいたっては、催行は難しいと判断し、催行中止を決定いたしました。

3.越前水族館お泊り体験ご参加のご予定の皆様には、連日何度もお電話を掛けることなりまして申し訳ありませんでした。

 

核施設様にも、夏にリベンジする旨を伝えております。

 

春の自然体験教室 3.越前水族館お泊り体験の実施方法変更について

こんにちは、コロナの影響はすごいことになってきていますよね・・・

本日3.越前水族館お泊り体験にご参加予定の方には留守番電話・ご伝言の方を含めて、連絡済ではありますが、福井県内の県立施設の受け入れ中止期間の延長や休館期間の延長に伴い、この水族館お泊り体験も実施の危機に陥っておりました。

しかし、メインのプログラムである水族館お泊り体験は実施できる状況下で、2泊目の宿泊先を探すことに奔走しておりました。

この後に及んでまだやるか?

それだけの覚悟は本当にあるのか?

を自問自答しながら、事務局スタッフ行動し続けてくれました。

 

いくつかの救いの手も現地越前松島水族館周辺からもありました。

24日・25日の我々の動きです。

隣の民宿さんが、格安子供料金で受け入れてもよいと了解をいただきました!

越前松島水族館と系列関係にある三国観光ホテル様が、観光ホテルとしては超破格値での宿泊提案がありました。このホテルは以前は「ゆあポート」ができる前は入浴でよく利用しており、畳敷きの檜風呂がとてもいい施設です。さらに高級ホテルです。

近くの東尋坊のお食事処様も、ホテルに移動前(2泊目)の夕食の予算内での提供を了承していただけました。

ここまで来たら実施するしかない。覚悟を決めて実施・・・と行きたいですが予算的にかなりきつくなってきています。

バス代の再見積りと行程の見直しにかかっているところに、25日から中部地区の国立の自然の家・交流の家が受け入れを再開をしたとの情報が入りました。

すぐに水族館の割と近くにある、国立若狭湾青少年自然の家に連絡を取ると、施設利用は可能であるが食事の手配が間に合うか確認するということで、26日午前中には連絡をするということになりました。

すぐにバス行程を作り直して、再見積りです。

越前松島水族館から福井県立奥越高原少年自然の家までは、およそ1時間半です。同様に若狭湾青少年自然の家までは2時間弱。食事はバイキング方式。恐竜王国キャンプとのコラボを考えなくて良ければ、こちらの方が子供たちにとってはいい施設ともいえます。

これで実施が見えてきました。

26日朝には、すべての見積もりがそろい、4月1日泊であるならば受け入れ可能との自然の家からの連絡もあり、宿泊先を変更して実施することにさせていただきました。

本日、すべてのご参加予定のお客様にご連絡をさせていただきました。

数名の方が即答をさけ保留にされました。また、参加するとは言われましたが、ご家族的にかなり悩んで見える方もお見えでした。

私どもとしては、参加者がある一定以上お見えであれば、宿泊先を変えて実施すると判断しております。

ただ、本日参加を明言された方でも、明日27日にご連絡いただければキャンセル料なしでキャンセルを可能とすることにしております。

本当に実施できるかは、明日一日待たないとわからないというのが本音ですが、行きたいと思う子供たちのために最後まで努力していきたいと思います。

 

春の自然体験教室 福井恐竜王国キャンプ催行中止のお知らせ

大変残念なことが起きました。

なんと本日(23日)③水族館お泊りキャンプと④福井恐竜王国キャンプの確定書面を作成し、発送した直後に、恐竜博物館よりお電話があり、休館を4月7日まで延長する旨の連絡がありました。

ということで、メインプログラムを失った福井恐竜王国キャンプはついにツアーキャンセルとなりました。

福井県内の県立施設はすべて受け入れ中止を延長とのことで、奥越少年自然の家にも止まれないという事態が発生しております。

水族館はどうなるのか?ということですよね!

アズワンワンダースクール事務局は・・・というよりBosspohは、何としても実施したいと考えて、宿泊先の調整やバスタイプの変更、ルートの変更などを調整しております。

上記の変更はメインプログラムは変わりませんが、旅行業法上の大きな変更になりますので、調整が済み次第皆様には一度ご連絡をさせていただきます。

明日にしようかと思っていた確定書面を、強気に今日の午後出してしまいました。明日には皆様のお手元に届くと思いますが、④恐竜王国キャンプにご参加の方は破棄してください。

③水族館お泊りキャンプの方は、どんなプランが出るか楽しみにしていてください!!

コロナに負けないようにまだまだ強気ですが、もう限界かもしれませんね!

春の自然体験教室 確定書面発送のご案内

いよいよ、春休みがまじかに迫ってきました。

アズワンワンダースクールでは、施設側の受け入れが可能な限り、採算ベースが必要最低限でとれているかぎり、ツアーは実施します。

そこで、3.越前水族館お泊り体験 及び 4.福井恐竜王国キャンプの 福井・奥越2コースについては、合同バスで実施の予定です。

おおむね十日前から発送を始める確定書面ですが、少し遅れて来週24日ころに発送します。

昨日5.熊野ホエールキャンプのツアーキャンセルを決めたこともあり、振替希望の方の一部を受け入れてあげたいというのと、政府政策の関係で、当初イベント自粛要請機関であった19日及びその後の目処であった24日が近づいたこともあり、追加の政府談話が発表されるのをまって発送と考えております。

大体の施設は、自粛期間の前々日程度までに臨時の会議があり、延長の可否を判断するようです。

いづれにしても、アズワンワンダースクール事務局としては、実施の方向で進めておりますので、様子見で未入金の方は、至急ご入金の程お願いいたします。